WBC2017日本VSアメリカ勝利予想オッズは!?準決勝:ドジャースタジアム

WBC2017日本VSアメリカ勝利予想オッズは!?準決勝:ドジャースタジアム

WBC2017日本VSアメリカ勝利予想オッズは!準決勝ドジャースタジアム

いよいよやってきましたね、アメリカ決勝ラウンド準決勝!

東京ドームでの第一&第二ラウンドを見事全勝6連勝で勝ち上がってきた日本代表チーム。オランダとの延長11回までの死闘あり、キューバ戦での逆転劇あり、苦戦を味わいながらもようやくアメリカまでやってきました!

世界一まであと2勝!

まずは初戦:アメリカ戦!現在の勝利予想オッズはこのようになっています。

日本VSアメリカ:勝利予想オッズは!?

日本の勝利 1.7倍(4/6)
アメリカの勝利 2.2倍(6/5)

他にもランライン(ハンデ付き予想オッズ)や、トータルラン(試合での両チームの点数合計オッズ)など賭け方があります。

>>ウィリアムヒル詳細&参加方法はこちら!

オッズ上では日本がアメリカよりも有利と見られております!予選ラウンドを全勝で戦ってきた日本の野球が評価されてということでしょうか。

過去WBCでの対戦成績は1勝1敗。・・・アメリカというと、あの疑惑の判定(西岡選手のサードタッチアップアウト)が思い浮かびますね。笑

野球大国アメリカを倒し、堂々と決勝へコマを進めていってもらいたいです!

侍ジャパン日本代表の評価は!?

>>WBC2017優勝予想オッズは!?日本代表侍ジャパンは!?

 

準決勝アメリカ戦:先発投手は菅野!

準決勝アメリカ戦。日本代表の先発投手には菅野投手の名前を明言されています。

小久保監督は日本代表のエースに菅野投手と前から言っていたし、確かに前回登板は打たれてしまったけれども、これでいいと思います。

一番大事な準決勝。ここを勝たない限りは決勝には進めません。その大事な試合にエースをぶつける!いいのではないでしょうか!!

また千賀投手も先日菅野投手とブルペン入りしており、彼が決勝のマウンドではなく、準決勝大事な場面での登板も予想されています。

決勝も大事だけれども、その前の準決勝に勝たなければ何も始まりませんものね。

調子のいい、期待の持てる投手をガンガンつぎ込んでいってもらいたいです!

打線では日本の4番:筒香選手が相変わらずの絶好調!

練習試合では2試合とも2安打を放ち、存在感を表しています。

また楽しみなのが、日本の機動力を活かした野球!練習試合では平田選手が練習試合とはいえ3盗を決めるなど、そつない野球ができています。

予選6試合でも10盗塁を決めている侍ジャパン!

スモールベースボールで野球大国アメリカをやっつけて、世界一奪還へ!!!

準決勝が楽しみで仕方ありません。(*’ω’*)

ガンバレ!日本代表!!

ウィリアムヒルでWBCを楽しむ!

英国ブックメーカー:ウィリアムヒルならば、プロ野球全試合(CSや日本シリーズも!)メジャーリーグはもちろんのこと、様々な国のスポーツを楽しむことができます。

野球だったら、WBCプレミア12世界大会

サッカーやバレーボールだったら、オリンピックワールドカップ!もちろん日本代表戦(国際親善試合)なども。

今なら無料でもらえる4000円フリーベットキャンペーン中

>>ウィリアムヒル詳細&参加方法はこちら!



ウィリアムヒルお得なキャンペーン&登録方法!

【新規/既存】メジャーリーグ,プロ野球&Jリーグボーナス!

フリーベット最大15ドル(1500円)が貰えるキャンペーン!

ウィリアムヒル :メジャーリーグ・プロ野球・Jリーグキャンペーン

ベット金額によって最大15ドル(1500円)がフリーベットとしてもらえるキャンペーン!

「2018年8月6~10日」&「8月13~17日」の合計2週間限定。
この夏プロ野球やJリーグなど国内リーグも熱い!

>>【期間限定】最大15ドルフリーベットゲット特設ページはこちら!

(ウィリアムヒル詳しい登録方法はこちら。)

【新規限定】100ドルフリーベットキャンペーン!

フリーベット(100ドル=約1万円!)が貰えるキャンペーン!

ウィリアムヒルウェルカムオファー!最大200% 2
ベット金額が200%でフリーベットとして戻ってくるキャンペーンで最低10ドルから参加可能!(ベット金額10ドルの場合は20ドルのフリーベットをゲット!)

ロシアW杯記念限定!
ウィリアムヒルを始めるのならば、ぜひこのキャンペーンを使ってみてください。

>>【ロシアW杯記念】100ドルフリーベットゲット特設ページはこちら!

(登録時にプロモコードの欄に「JAPAN2018」を入力するだけ!ウィリアムヒル詳しい登録方法はこちら。)
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ