WBC2017日本VSオーストラリア勝利予想オッズは!?第一ラウンドB組東京ドーム

WBC2017日本VSオーストラリア勝利予想オッズは!?第一ラウンドB組東京ドーム

WBC2017日本VSオーストラリア勝利予想オッズは!第一ラウンドB組東京ドーム

WBC2017、日本代表が所属する第一ラウンドB組、2戦目の相手はオーストラリア!(3月8日(水) 19:00 東京ドーム)

オーストラリア代表チームにはメジャーリーガーなど目立った選手はおらず、評価も高くありませんが、以前オリンピックで日本代表チームがオーストラリアに敗れ決勝進出&金メダルを逃すなど(結果は銅)、苦汁をなめさせられている相手なだけに、要注意です!

日本VSオーストラリア勝利予想オッズは!?

日本の勝利1.04倍(1/25)
オーストラリアの勝利13倍(12/1)

他にもランライン(ハンデ付き予想オッズ)や、トータルラン(試合での両チームの点数合計オッズ)など賭け方があります。チェックしてみてください♪

【世界ランキング】
日本1位:オーストラリア10位

現在の勝利予想オッズでは日本がダントツで有利だとの評価を受けています。

世界ランキング1位。
そして圧倒的に有利だという自国開催。

ただ、オーストラリア代表選手の中には、日本の独立リーグでプレーしていたり、アメリカマイナーリーグに所属している選手がいるなど、本当に侮れません。

オーストラリア代表に勝利して、第二ラウンド進出へ弾みをつけてもらいたいところですね!

ウィリアムヒルでWBCを楽しむ!

英国ブックメーカー:ウィリアムヒルならば、プロ野球全試合(CSや日本シリーズも!)メジャーリーグはもちろんのこと、様々な国のスポーツを楽しむことができます。

野球だったら、WBCプレミア12世界大会

サッカーやバレーボールだったら、オリンピックワールドカップ!もちろん日本代表戦(国際親善試合)なども。

今なら無料でもらえる4000円フリーベットキャンペーン中

>>ウィリアムヒル詳細&参加方法はこちら!

 

アテネオリンピック五輪でオーストラリア代表に負け金メダル逃す

アテネオリンピック五輪では、初めてプロ選手のみの参加でチームを固め、金メダル獲得を目指して戦った日本代表チームでしたが、準々決勝でこのオーストラリア代表と対決。

予選リーグでも4-9でオーストラリア代表に敗れていた日本でしたが、

準決勝でもエース松坂が1点を失い、逆に日本代表チームは相手先発:オクスプリング(後に阪神タイガース入団)と抑え:ウィリアムス(当時阪神タイガースでJFKの一角として活躍!)に見事な完封リレーを演じられ、

初めてプロ選手のみで固めた日本代表チームでしたが、オーストラリア代表に完敗…。

当時オリンピック野球を観ていた人たちにとっては、オーストラリアの強さは記憶に残っていますよね。

オーストラリアでは、過去メジャーリーガーを輩出したり、米マイナーリーグ、日本や韓国リーグでも数多くの選手がプレーしています。

キューバ代表との戦いの後、2戦目となるオーストラリア代表戦。

大きな1戦になることは間違いありませんね!



ウィリアムヒルお得なキャンペーン&登録方法!

【新規&日本人限定】100ドルフリーベットキャンペーン!

最大フリーベット(100ドル=約1万円!)が貰えるキャンペーン!

ウィリアムヒル登録&100ドル:1万円オファーキャンペーン
ベット金額が100%でフリーベットとして戻ってくるキャンペーンで最低20ドルから参加可能!(ベット金額20ドルの場合は20ドルのフリーベットをゲット!)

勝っても負けても100%もらえる超お得なイベント!
ウィリアムヒルを始めるのならば、ぜひこのキャンペーンを使ってみてください。

>>【新規限定】最大100ドルフリーベットオファーキャンペーン!

(登録時にプロモコードの欄に「JAPAN100」を入力するだけ!ウィリアムヒル詳しい登録方法はこちら。)


スポーツベットお得なキャンペーン&登録方法!

【新規限定】最大500ドル入金ボーナスキャンペーン!

最大で500ドル(500ドル=約5万円強!)が貰える初回100%入金ボーナス!

スポーツベット:ブックメーカー

「スポーツベット」というブックメーカーで期間限定初回入金金額が100%で戻ってくるキャンペーンで「最大500ドル」もらえるチャンス開催中!

スポーツベット・初回100%入金ボーナスキャンペーン

ウィリアムヒルの新規登録ボーナスが終わった方でも、スポーツベットなら再度チャンスがありますよ♪

詳しい内容・申し込み方法などは下記のサイトを確認してみてください。

>>【新規限定】最大500ドル入金ボーナスキャンペーン!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ