プロ野球に賭ける

2023年プロ野球優勝予想オッズ評価!CS勝ち抜き,日本シリーズ優勝候補は!?ブックメーカー

2023年プロ野球優勝予想オッズ評価!CS,日本シリーズ優勝候補,3連覇可能性は!?ブックメーカー

2023年プロ野球優勝オッズ!(CS開幕前)

2023年シーズンは阪神タイガースとオリックスバファローズの優勝となりました、、、が、まだまだこれからCSと日本シリーズが待っております!

セ・リーグは1位阪神タイガース、2位広島カープ、3位横浜DeNAベイスターズ。

パ・リーグは1位オリックスバファローズ、2位千葉ロッテマリーンズ、3位ソフトバンクホークスがそれぞれ出場となっております。

 

日本一の栄冠を手にするのは一体どのチームなのでしょうか!?英国🇬🇧老舗ブックメーカー「賭けリン」では2023年プロ野球日本シリーズ優勝予想オッズが常時発表されております。

(オッズは常に変化します!ぜひ公式サイトでチェックしてみてください☺️)

2023プロ野球優勝オッズ⚾️(CS開幕前 10/13現在)

2023プロ野球CS日本シリーズ優勝オッズブックメーカー・賭けリン
オリックス・バファローズ 1.99倍
阪神タイガース 2.10倍
広島東洋カープ 13.90倍
福岡ソフトバンクホークス 14.90倍
横浜DeNAベイスターズ 25.80倍
千葉ロッテマリーンズ 31.00倍

タロさ
タロさ
他にも試合ごとに勝敗オッズ・ハンデオッズや得点オッズなどいろいろなオッズが発表されていて楽しいですよ♪オッズは状況によって変わっていくのでぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね!

※もちろん実際に賭けて遊ぶこともできますよ♪方法は下記ページにまとめました。

プロ野球賭け方やり方【初心者向け】TOTO,くじより断然オススメ!

【初心者向け】ブックメーカー,プロ野球賭け方やり方!TOTO,くじより断然オススメ!
ブックメーカー,プロ野球賭け方やり方【初心者向け】TOTO,くじより断然オススメ!日本プロ野球。普通に観戦してももちろんおもしろいですが、せっかくならば"海外ブックメーカー"を使って思いっきり楽しんでみませんか...

※なんと最大10万円+フリーベット&フリースピン(スロットゲーム)も遊べる!

賭けリン10万円ボーナスキャンペーン

【新規限定】10万円ボーナス+αキャンペーン中!

p.s.

タロさ
タロさ
僕は引き続き「横浜DeNAベイスターズの優勝」に賭けてみました!

オッズ25.80倍

ベイスターズファンなのでここは引き続き応援したいと思います!
オッズもかなり高い😁

タロさ
タロさ
さらに「千葉ロッテマリーンズの優勝」にも賭けてみました!


オッズ31.00倍

過去には史上最大の下剋上を成し遂げた千葉ロッテマリーンズ。

今年は終盤の大事な時期に7連敗を喫するなどCS出場自体が危ぶまれたマリーンズでしたが、負けたら4位という最後の最後の最終戦で楽天イーグルスにビジター(仙台)で勝利し2位を決めた勢いがあります!

吉井監督の采配もキレにキレまくっているので、マリーンズの優勝もあるのでは!?

オッズ31.00倍も魅力的です😁

ブックメーカーは賭けた時点のオッズが配当時のオッズとなります。
(日本の競馬や競艇など公営ギャンブルは、配当オッズは最後に決まりますよね。ブックメーカーは自分が賭けた時点のオッズでの配当になるため、早めに賭けた方がお得なケースが多い👍)

タロさ
タロさ
あなたならどのように予想しますか?

タロさ
タロさ
ぜひ下の新規最大88888円キャンペーン→なんと10万円にパワーアップ中!を取得して、ブックメーカー「賭けリン」を楽しんでみてください!

 

88888円ボーナスがもらえる!?超絶お得な新規キャンペーン中!→10万円+αにパワーアップ!

【賭けリンならプロ野球を100倍楽しむことができる!】

賭けリンならプロ野球全試合に賭けることができます。

賭け方も勝敗予想だけでなく、ハンデ予想、試合合計点予想、1回の表裏予想などなど、様々な賭け方が用意されておりますよ!

もちろんレギュラーシーズン以外にも「オールスター、クライマックスシリーズ、日本シリーズ」などプロ野球好きなら1年中通して遊ぶことができますよ♪

また「MLBや韓国野球、プレミア12やWBC、オリンピック」などの世界大会もカバー!日本代表を思いっきり応援しましょう!(・∀・)ノ

※賭けリンはどなたでも簡単に参加可能(登録・年会費一切無料!)です。

賭けリン10万円ボーナスキャンペーン

【新規限定】10万円ボーナス+αキャンペーン中!

タロさ
タロさ
新規限定10万円ボーナスキャンペーン中!しかもフリーベットやフリースピン(スロット)も付いてくるので超絶お得😲
タロさ
タロさ
賭けリンならクレカ(JCB/VISA/マスター)・銀行入出金OK!ボーナスも多彩!初心者に強くオススメしたいブックメーカーです。
日本人専門のブックメーカーなので僕自身も安心して遊ぶことができています。☺️

(登録はむずかしい作業もなくものの3分程度できますよ♪)

※賭けリンにプラスして賭けを楽しみたいなら「ウィリアムヒル」がオススメ!

ウィリアムヒルとは?
ウィリアムヒルとは?僕が数あるブックメーカーの中からウィリアムヒルを選んだ理由(日本語/日本人スタッフ/初心者向け/安全性/お得なキャンペーン)僕はウィリアムヒルでいろいろなスポーツを楽しんでいます♪ (かれこれ遊び初めて8年となりましたw) ・・・と、いきなり「...
タロさ
タロさ
ウィリアムヒルは入金がちょっと難しい(クレカによっては使えなかったりする)ですが、最大100ドルフリーベットキャンペーンがあるので、両方登録するのもアリですよ!
(僕は両方登録して楽しんでます。😁)
タロさ
タロさ
※ここから下はシーズン開幕前・交流戦終了後のそれぞれの優勝オッズとなります。
今と比較してみてもおもしろいですね!

 

※交流戦後7月 2023年プロ野球優勝オッズ!

2023年交流戦は横浜DeNAベイスターズが初優勝を飾り幕を閉じました。

7月現在セ・リーグ首位は阪神タイガース。
パ・リーグ首位はソフトバンクホークス。

今後どのような展開が待ち受けているのでしょうか!?

2023プロ野球優勝オッズ⚾️(交流戦後7/3現在)

2023プロ野球優勝予想オッズ・交流戦後阪神タイガース/オリックス・バファローズ 4.50倍
福岡ソフトバンクホークス 5.00倍
横浜DeNAベイスターズ/千葉ロッテマリーンズ 6.00倍
読売ジャイアンツ 13.00倍
広島東洋カープ 14.00倍
東京ヤクルトスワローズ/北海道日本ハムファイターズ/埼玉西武ライオンズ 51.00倍
東北楽天ゴールデンイーグルス 67.00倍
中日ドラゴンズ 100.00倍

p.s.

タロさ
タロさ
僕は引き続き「横浜DeNAベイスターズの優勝」に賭けてみました!


オッズ6.00倍

開幕前の優勝オッズは8.00倍だったのでちょっとオッズが下がりましたが、まだまだ魅力的なオッズです☺️

タロさ
タロさ
あなたならどのように予想しますか?

タロさ
タロさ
ぜひ新規最大88888円キャンペーン→なんと10万円にパワーアップ中!を取得して、ブックメーカー「賭けリン」を楽しんでみてください!

 

※開幕前 2023年プロ野球優勝オッズ!

2022年は東京ヤクルトスワローズとオリックスバファローズがそれぞれリーグ2連覇。日本シリーズではオリックスが東京ヤクルトを4勝2敗1分けで制し、26年ぶり5度目の日本一へと輝きましたね!

2023年はどんな結末が待ち受けているのでしょうか!?

英国🇬🇧老舗ブックメーカー「賭けリン」では2023年プロ野球優勝予想オッズが発表されます。

2023プロ野球優勝オッズ⚾️

2023日本シリーズ優勝予想オッズ・ブックメーカー賭けリン
オリックス・バファローズ 4.50倍
東京ヤクルトスワローズ 4.75倍
福岡ソフトバンクホークス 5.00倍
阪神タイガース 7.00倍
横浜DeNAベイスターズ 8.00倍
読売ジャイアンツ 9.00倍
埼玉西武ライオンズ 13.00倍
千葉ロッテマリーンズ/東北楽天ゴールデンイーグルス 21.00倍
広島東洋カープ 36.00倍
中日ドラゴンズ/北海道日本ハムファイターズ 67.00倍

p.s.

タロさ
タロさ
僕はまずは「横浜DeNAベイスターズの優勝」に賭けてみました!

2023年プロ野球横浜DeNAベイスターズが優勝すると予想
オッズ8.00倍

去年は惜しくも2位。

ただ今永昇太・大貫晋一をはじめ石田健大・濱口遥大など実績ある先発投手に加え、東克樹・上茶谷大河・京山将弥などが成長、復活してくれれば万全の先発陣が形成されます。

またブルペン陣には伊勢大夢・エスコバー・入江大生・田中健二朗など充実。そして去年最高成績を残した山崎康晃がMLB挑戦を封印し残ってくれたのは最大の補強だったのではないでしょうか!?

元々定評のある攻撃陣に加え、京田陽太が中日から新加入。
あとはオースティンがスタメンに名を連ねてくれるようになってくれれば、横浜DeNAベイスターズが25年ぶりの日本一に輝くのも夢ではないのではないか・・・!?

とかなり願望込みで予想してみました。😂

タロさ
タロさ
あなたならどのように予想しますか?

タロさ
タロさ
ぜひ新規最大88888円キャンペーン→なんと10万円にパワーアップ中!を取得して、ブックメーカー「賭けリン」を楽しんでみてください!

 

プロ野球ファンによる2023年優勝予想!

セ・リーグ 読売ジャイアンツ/パ・リーグ オリックスバファローズ (Tさん)

2021年、2022年とヤクルト、オリックスがそれぞれ2年連続でリーグ優勝しましたが、今年は少し様相が異なりそうです。一言、地力が素直に出そうなシーズンということで。

特にセリーグに関してはもともと、地力があった阪神タイガース、読売ジャイアンツが自滅気味のシーズンを送ってしまった感が否めません。2023年度に関しては同じような失敗がないような気がします。岡田監督になった阪神タイガーズは期待できるものの1年目から急に優勝は厳しいのではないでしょうか。むしろ、今年こそ、地力がいきてくるのは東京読売ジャイアンツです。間違いなく、キャプテンに指名された岡本についてはホームランだkではなく、打率もあげてくるでしょう。そのわきを固める中田、丸、ウォーカーも健在。そして何よりWBCではなく、選手生命をかけてシーズンを選んだ坂本。これだけでも野手陣は間違いなく顔触れが変わらなくても自力発揮です。投手陣も全盛期のチカラは望めないとしても菅野、そして一皮むけた戸郷に昨年、シーズンを通じて活躍できなかった若手投手陣が何人かは自立するはずです。

一方、パリーグについては吉田が抜けたとはいえ、森が加入し、投手陣はほぼ昨年と同じ。勤続疲労を起こすような使い方もしていないので相当強力です。もちろん、他チームも対抗してきますが、今のところ自陸では1枚上手と考えてもよいでしょう。
まだまだ、わかりませんが現状の自力だけ見ればこの2チームです。

キープレイヤー 巨人:菅野智之、岡本一真 / オリックス:山本由伸、森友哉

【2023年最新】MLB優勝予想オッズ,優勝候補は!?日本人選手所属チーム評価は…

 

セ・リーグ 読売ジャイアンツ/パ・リーグ ソフトバンクホークス(Tさん)

:新戦力で手厚いソフトバンクが他を圧倒!?
2023年は両リーグとも圧倒的なゲーム差がつくかも!?

セリーグに関しては、ジャイアンツの優勝を予想します。
打撃に関しては、4番奪取に成功するであろう岡本和真選手がキープレイヤーになり、数多くの打点を稼ぐシーズンになるでしょう。その前後を打つであろう、ウォーカーや丸が、チャンスメイクをしてくれる流れが確立され、打線はいうことはありません。もちろん中田も、ここぞというところで打点を稼いでくれます。ジャイアンツは、打線というよりも投手陣に不安を抱えているわけですが、今年も、戸郷を中心とし、先発が安定することを期待しています。ジャイアンツに欲しいのは、新しい風であり、今年一気にブレイクするであろう選手が出てくるかどうかが1つの鍵になりますが、投手では井上、打の方では、大型選手である秋広、このあたりが出てくれば、一気に独走する可能性があります。

一方パリーグでは、昨年最後の最後まで優勝争いをしていながら、一歩及ばずだったソフトバンクが、強さを遺憾なく発揮すると予想しています。
特に打の方では、柳田悠岐を中心とし、新加入の日本ハムから移籍した近藤健介が、抜群の安定感と、確実な打撃でチャンスメイクをし、クリーンナップで得点を得るスタイルが確立していきます。投手陣は、絶対的エースだった千賀がメジャー移籍してしまったのが不安要素としてあるものの、それに応じた補強をしており、レンジャースから有原航平、阪神からガンケル、即戦力としての期待がかかる大津亮介投手や松本晴投手の獲得に成功しており、若手がブレイクすることで、フレッシュな戦いで、他球団を圧倒する予想をしています。

キープレイヤー 巨人:岡本和真 / ソフトバンク:柳田悠岐

【2023年MLB】MVP,新人王,サイヤング賞予想オッズ!大谷翔平,吉田正尚ら日本人選手評価は!?

 

セ・リーグ 阪神タイガース/パ・リーグ 埼玉西武ライオンズ(Yさん)

2023年度のプロ野球は昨年からの上がり目狙いで優勝チームが決まるのではないかと想像しています。

まずはパリーグです。正直、ピッチャー、特に先発陣のあの防御率の高さは驚異的でした。今年もエースの貫禄が見える高橋、年々力をつけている今井、今年から先発に志願転向することになった平良などなど。とにかくだれかが故障したとしても控えで先発が枚挙にいとまがないほどです。今年も安泰でしょう。逆に平良が、先発に回ることになったので8回、9回についてはだれを軸にしていくか検討が必要だと思います。次に野手陣です。もちろん、森が抜けた穴は大きいのですが、打線は外崎、山川、源田、中村、栗山などベテランも含めてまだまだ元気。特に源田はチームリーダーとして守備でも引っ張って行ってくれると信じています。この上がり目を狙って今年は西武ライオンズに期待です。

セリーグですが、今年こそはこの戦力ならということで阪神タイガースです。岡田監督が固い守りの野球を目指すことは見えています。7回からのリリーフ陣が充実していくことを想定して、ここまで実績十分の先発陣、西や青柳がさらに楽になれば、相乗効果が期待できます。防御率の割に点を取られているイメージが強い、大事なところで失点が多い、こんな悪評もなくなっていくのではないでしょうか。野手陣ですが確実にレギュラーをはるであろう近本や大山、佐藤などは間違いなくある程度の実績を残します。他のメンバーも競争で上がり目があることを考えるとかなり強力です。

キープレイヤー 阪神タイガース:西勇輝、青柳晃洋、大山雄輔、佐藤輝明 / 埼玉西武ライオンズ:髙橋光名、源田壮亮

 

セ・リーグ 読売ジャイアンツ/パ・リーグ オリックスバファローズ(Dさん)

優勝は巨人、オリックスで決まり!

セリーグは巨人が優勝します。
巨人は、軸となる選手がしっかりしているからです。坂本、中田、丸、岡本、ウォーカー、大城、吉川。これだけ、数多くの計算できる選手がいます。20本以上、ホームランを量産できる選手ばかり。期待せずにはいられません。
ピッチャー陣でいうと、菅野、戸郷、大勢が中心でしょう。若手でいうと、秋広、中山、増田が期待できます。この3人は、1軍経験もありますが、2軍でじっくり力を蓄えた印象です。ファームで、しっかりと実戦を積み、結果も残しました。
今年は、1軍のレギュラーをつかめるように頑張ってほしいです。首脳陣からの、期待値も大きいでしょう。
ここ数年は、ヤクルトスワローズに優勝をとられています。
悔しいおもいも多く、今年こそ!という気持ちがつよいです。

パリーグの優勝は、オリックス・バッファローズと予想します。
先発投手ですが、山本由伸、宮城大樹が軸になってきます。2人とも、球界を代表するピッチャーです。2桁勝利を計算できるピッチャーが2人いるのが、オリックス・バッファローズの強みです。他にも、山岡、山崎、田島といったピッチャーもいるので、選手層があついです。

野手での注目は、杉本祐太郎と森友哉です。
今年は、あまり調子が良くありませんでしたが、30本以上のホームランを期待できる選手です。去年の反省をふまえ、今年は、やってくれるでしょう。

森は、FA移籍してきて、はじめてのシーズンとなります。首位打者や、ベストナインにも選ばれたことのあるスター選手です。攻守両面で、頑張ってほしいです。

キープレイヤー 巨人:坂本勇人、中田翔、岡本和真 / オリックス:山本由伸、宮城大樹

WBC2023優勝予想オッズ!日本代表侍ジャパンの評価,可能性は!?

 

セ・リーグ 中日ドラゴンズ/パ・リーグ オリックスバファローズ(Pさん)

2023年はセ・リーグもパ・リーグも大混戦模様と予想!

セリーグ優勝候補はズバリ中日ドラゴンズです!理由は初年度は選手に遠慮がちだった立浪監督が嫌われるのもいとわずに本気でチーム改革に舵を切ったから。基本監督業は3年程度と言われていますが、さずがに2年連続Bクラスでは3年目はないと考えます。結局落合監督以降、3年連続で監督をした人物はなく、今年結果が求められるからです。今年は京田や阿部を放出し、投手陣をさらに強化する事で絶対的に点を取られないチーム編成を目指しています。ヤクルトの村上や巨人の岡本、阪神の大山や佐藤が幾ら強打者とはいえ、抑えられたらそこまでです。中日の強さは昔から投手陣が牽引してきました。下手に恐竜打線といったキャッチフレーズで打線を強化しようとしても、早々上手く行くものではありません。広島は新井監督1年目、横浜は今年はさずがに各球団からマークされ、昨年の様にうまくはいかないと思います。キーマンは小笠原慎之介。彼が覚醒してこそ、中日はVに近づくと考えます。

パリーグはオリックス・バファローズのV3と考えます。対抗は間違いなく大型補強したソフトバンクホークスです。ただ昔の巨人の様に大型補強してもそれが結果に繋がる事が中々難しいのがプロ野球の常。藤本監督の手腕は買っていますが、ここは堅実な中島監督に軍配が上がると考えます。キーマンは杉本裕太郎。絶対的なキーマンだった吉田が抜け、昨年は基本絶不調だった杉本。研究されていたからこそ、2022年はまったくいいところなしでしたが、今年は修正してくると考えます。投手陣は山本に宮城といった柱は健在、中継ぎ陣も怪我さえなければ盤石の布陣です。ホークスは全体的にレギュラークラスの高齢化が進んでおり、若手の成長がありません。そういった土壌に大戦力補強となれば、かつての巨人の二の舞になるでしょう。他球団は基本団子状態。楽天は石井監督に能力がない事は良くわかったので消え、西武は松井監督、ロッテは吉井監督1年目という事でなし。日本ハムは面白そうですが、昨年さっぱり結果が出なかった事を考慮するとさすがに今年も難しいかなと思いました。

キープレイヤー 中日:小笠原慎之介 / オリックス:杉本裕太郎

 

セ・リーグ 阪神タイガース/パ・リーグ 北海道日本ハムファイターズ(Kさん)

阪神アレしてまう、清宮本塁打王!?

2023年のプロ野球はセリーグは阪神タイガース、パリーグは北海道日本ハムファイターズが優勝すると思います。

阪神が優勝すると思った理由は監督が岡田彰布に変わりチームの雰囲気が変わったと思います。投手の起用法や野手のポジションコンバートにより選手の競争意識が高くなり選手一人一人の能力が上がっているように見えます。特に佐藤輝明選手が2022年はライトとサードの2つのポジションを守っていましたが岡田監督はサードでポジションを固定すると明言しており、これにより守備の負担が減ってバッティングの成績が上がるんではないかと注目しています。佐藤輝明選手が安定した打撃成績を残せば、近本選手、大山選手などと得点に絡み昨年の得点力不足を解消できると見ています。投手陣は藤浪晋太郎選手がメジャー移籍で抜けましたが、西勇輝投手、岩貞投手、岩崎投手がFA移籍せずに残留し、西純也投手、才木投手と若手の活躍も期待され安定した投手層だと思います。YouTubeや他のSNSで情報を見てますが優勝できるチームになっていると思います。岡田監督が言っているアレに向けていいチームになっていると思います。

北海道日本ハムファイターズは若手が中心で主力だった近藤選手がFAでソフトバンクに移籍しましたが中日からAマルティネス選手、オリックスから伏見選手を獲得し、トレードで戦術に必要な選手を取り入れ補強できていると思います。ビッグボスこと新庄監督の采配にも注目です。清宮幸太郎選手が今年は本塁打王に輝くと思い、清宮選手の活躍次第で日本ハムの優勝が近づくと思います。

キープレイヤー 阪神:佐藤輝明 / 北海道日本ハム:清宮幸太郎

 

セ・リーグ 中日ドラゴンズ/パ・リーグ 埼玉西武ライオンズ(Pさん)

長かったトンネル。遂に昇龍か。

2011年を最後に優勝から遠ざかっている中日ドラゴンズ。
2020年こそ与田監督の下で3位になるも、2012年を最後にクライマックスシリーズへの出場を果たせていない。12球団の中で最もクライマックスシリーズ出場から遠のいている球団である。

近年ドラゴンズが低迷している原因は何といっても得点力不足である。しかし、今年は盤石な投手陣に加え、オープン戦の結果を踏まえると強竜打線復活の兆しを見せている。
攻守にわたって注目するべきは正捕手の木下拓哉選手だろう。木下選手は昨シーズン12球団で唯一規定打席に到達した捕手である。立浪監督はオフシーズンに捕手の獲得へ積極的に動き、加藤匠馬選手の獲得こそあったものの、第二捕手としての役割を期待されての獲得だっただろう。味谷大誠選手や山浅龍之介選手は若く、石橋康太選手は怪我で出遅れているため、今年も木下選手が多くの試合でマスクを被ることが予想される。実績は十分であるが、彼が優秀な投手陣からの信頼を全面的に寄せられるようになり、打撃では5,6番に座り、.270 15本 60打点程度の成績を残せるようになるとチームとしても非常に助かるだろう。

また、得点不足解消のカギになるのは石川昂弥選手だろう。昨シーズンも春先はブレイクの兆しを見せたものの、またしてもケガに悩まされた。高橋周平選手と争い合いながら、彼がサードで万全に出場できるようになると、一気に打線に厚みが増すだろう。龍空選手や新人でアピールを続けている村松開人選手・田中幹也選手などセンターラインにトップレベルの走力・守備力の高い選手がそろっており、ビシエド選手やアルモンテ選手が守ることが予想されるファーストとともにwOBAが向上すると、一気に強固な内野陣と化すだろう。アベレージヒッターの岡林勇希選手・大島洋平選手と長打が期待されるアキーノ選手・鵜飼航丞選手・細川成也選手らによる熾烈な外野手争いにも注目である。

投手陣に目を向けると大野雄大選手・柳裕也選手・小笠原慎之介選手の三本柱に加え、松葉貴大選手と新加入の涌井秀章選手も1年間通してローテを守ってくれそうな安心感がある。侍ジャパンのメンバーにも選ばれ、昨年驚異の奪三振率で球界を驚かせた高橋宏斗選手は今年から登板間隔が短くなることが予想される。高橋選手が1年間しっかりと投げ続けられれば、ドラゴンズは優勝へとグッと近づくことが出来るだろう。清水達也選手・ジャリエルロドリゲス選手・ライデルマルティネス選手らによる盤石な勝ちパターンの救援陣は今年も他球団にとって脅威だろう。昨シーズンに投手転向した根尾昂選手の成長にも注目である。

キープレイヤー 中日:木下拓哉・高橋宏斗・石川昂弥 / 埼玉西武:外崎修汰・蛭間拓哉

タロさ
タロさ
あなたならどのように予想しますか?
ぜひ限定ボーナスをGETして、お互いさらにプロ野球を楽しみましょう!(・∀・)
当サイトオススメブックメーカー3選
タロさ
タロさ
日本人スタッフによるサポート年中無休&24時間対応。実績・信頼がありサービス内容も充実のブックメーカーを厳選しました!

当サイトオススメブックメーカー3選!

遊雅堂(ゆうがどう) 初心者〜中級者向け
遊雅堂新規ウェルカムボーナス
※【当サイト限定】6000円入金不要フリーベットボーナス付き(すぐ遊べる!!)
「ベラジョンカジノ」有する業界最大手グループが日本人向けに「遊雅堂」をブランディング。クレカはもちろん銀行送金,コンビニATMもOKで入出金方法がとにかく簡単で初心者に強くオススメしたいブックメーカーです!
実績・評判 実績十分!(元日本代表吉田麻也がCM出演も)
取り扱いスポーツの多さ 基本はもちろん相撲や高校野球まで幅広くカバー!
オッズの種類の多さ 試合中賭けれるライブベットも充実!深く楽しめます。
入金方法 クレカ・コンビニATM・銀行・仮想通貨と幅広い!

【徹底解説】
遊雅堂とは!?
【超絶お得】今すぐ遊べる6000円ボーナス
(+新規10万円ボーナス)

Miki(ミキ) 初心者〜中級者向け
ブックメーカーMiki新規登録限定200%ボーナスリンク
遊雅堂と同じく日本人向けに作られたMiki。取り扱いスポーツも多く、入金方法も幅広い!
また新規ボーナスが充実、新しくスポーツベット・カジノ両方遊びたい方に特にオススメです‼️
日本人オペレーターによるサポートもしっかりしているので困った時でも安心!信頼のおけるブックメーカーです。
実績・評判 これから盛り上がるブックメーカー!
取り扱いスポーツの多さ 相撲などマイナースポーツ,Eスポーツもカバー!
オッズの種類の多さ 基本的なものを幅広く取り扱ってます
入金方法 クレカ・コンビニATM・銀行・仮想通貨と幅広い!

【徹底解説】Miki登録・ボーナス獲得方法!【超絶お得】新規200%ボーナス+α盛りだくさん

PINNACLE(ピナクルスポーツ) 中・上級者向け
ウィリアムヒル100%ボーナス・新規登録限定
どこよりも高いオッズで有名なピナクルスポーツ。ベット制限額、出金制限額がゆるく、とにかくガチで勝負を楽しみたい、ガチで稼ぎたい方向け!(上級者・ハイベッター層からの支持も厚い)
キャンペーンは少なめですが、それも凌駕するオッズ設定。ガチなんで 笑
1998年設立と歴史古く信頼度も高い!
実績・評判 特にハイベッター・中級者〜上級者に愛される!
取り扱いスポーツの多さ メジャースポーツを幅広くカバー!
オッズの種類の多さ オッズがとにかく高い!ガチで稼ぎたい方向け!
入金方法 JCB・マスターカード・銀行送金など可能!

【徹底解説】
ピナクルスポーツとは!?

タロさ
タロさ
日本人サポートも充実し年中無休&24時間対応。信頼の置けるブックメーカーを厳選しました。
僕もこれらのブックメーカーで遊んでますが、今まで特にストレスもなく楽しまさせてもらってます♪

もちろんどのブックメーカーも年会費・登録料など一切無料!
10円からでもベット可能なので、まずは気軽に遊んでみてはいかがでしょうか。

ブックメーカーによってオッズ設定が変わっているので、平均して3個程度のブックメーカーに登録して遊ばれている方が多いです。

 

タロさ
タロさ
キャンペーンなどもブックメーカーによって変わってくるので、慣れてきたらその都度ブックメーカーを使い分けるとさらにお得&楽しいですよ!
ブックメーカー複数登録しないと損!?5年以上経験者がメリット,デメリットをまとめてみた
ブックメーカー複数登録しないと損!?5年以上経験者がメリット,デメリットをまとめてみたブックメーカーの認知度が日本国内でも上がってきたことにつれて、日本人スタッフがついたり、日本人向けのサービスが導入されたり、日本人でも気...

あなたにあったブックメーカーはどれ!?

結局どのブックメーカーが自分にあってるんだ!?
色々ありすぎてわからない😭
ワタシが1番遊びやすいところはどのなのだろう?

2020年あたりを境に一気に増えたブックメーカー。

そんな風に感じている方は多いです!

そこで安全なブックメーカーの中から、それぞれの特徴(メリット・デメリット)をわかりやすく比較してまとめてみました。

おすすめブックメーカー比較【2023最新】あなたにあうのはコレ!長所短所でまとめてみた
おすすめブックメーカー比較【2024最新】あなたにあうのはコレ!長所短所でまとめてみた2019年辺りからグッと増加したブックメーカー(オンラインカジノ)企業。これだけ多いとどのブックメーカーに遊べばいいのか悩むところですよ...
タロさ
タロさ
もちろんどのブックメーカーも無料です!
まずは気になったブックメーカーで遊んでみてください😆色々発見があるかと思いますよ♪